awsを導入するときに使用するケースが多いefsの概要と監視のコツ


awsを導入するときにefsのサービスに申し込むことがよくあります。システムやサービスを導入すると個々に安定して動作させつつ、安心して使えるようにするための運用方法を考える必要があり、監視の仕方も決めなければなりません。

この記事ではefsとはそもそも何かという点から概説を始め、監視をするときのコツまで紹介します。

関連:awsの監視にzabbixを利用するときにはテンプレートを活用すべきか

efsとはどんなサービスか

awsの手掛けるサービスの中でも頻用されているAmazon efsはAmazon Elastic File Systemの略称で、柔軟な可変性を持っているファイルシステム、換言すればファイルストレージサービスとなっています。

サーバーにストレージを確保したいというニーズは高いのは確かで、単純にawsの同一クラウドサーバーのユーザー間でファイルやアプリケーションの共有をする目的でも利用することが可能です。awsを利用する上ではそれ以上の価値があり、awsを活用するときによく用いられているEC2と連携が取られています。

efsで作成したファイルシステムをEC2のインスタンス上にマウントする形にして、ストレージ領域とデータの授受を行えるようにすることが可能です。efsのメリットは自動スケーリングが実行されることとパフォーマンスの選択が可能なことです。

efsはファイルストレージの上限が決まっているわけではなく、容量が自動で拡張されていく仕組みになっています。データをたくさん格納しなければならなくなったときにサーバーを構築し直したり、増設したりする必要がなく、たった今、データのアップロードが必要になったというときでも即時で自動的に対応してくれるのです。

このような可変性があるのがElasticと呼ばれる所以で、ストレージ不足による障害が発生しないという点でも優れています。パフォーマンスについては標準でもAmazon efs バーストスループットが取り入れられていて、スループットが1GBあたり50KB/sとなっています。

しかし、最大I/Oパフォーマンスモードを選択することでさらに高い水準でのスループットを実現することが可能です。また、クラウドサーバーの運用では領域に格納されているデータやシステムのバックアップが運用上欠かせません。

そのシステムとしてAWS Backupがサービスとして利用できるようになっていて、バックアップポリシーを設定しておけば簡単にバックアップの実施もその状況を確認することもできます。この際のファイルストレージとしてefsを使用することが可能になっていて、自動化したバックアップシステムをスムーズに実現できるようになっているのが魅力です。

実装を速やかに行えるようにマニュアル化も行われているので、awsの運用に慣れていないエンジニアでも比較的容易に実装することができます。

関連:awsの容量監視に有用なebsの概要と特徴

efsの料金体系

awsのefsの運用時における監視について踏み込む前に料金体系についても理解しておくのが大切です。efsの料金体系はとてもわかりやすくなっていて、単純に使用したリソースに比例する形で料金が発生する仕組みになっています。

ストレージクラスによって料金には違いがあり、特に申し込みをしなかった場合の標準のストレージクラスと、低頻度アクセスストレージクラスが選択可能です。低頻度アクセスストレージクラス上に保存されたデータのコストは標準のストレージクラスに比べると低い代わりに、ファイルを読み書きするたびにデータ通信量が集計されて料金が発生します。

1GBあたりの費用について、標準のストレージクラスでは0.36USDなのに対して、低頻度アクセスストレージクラスでは0.0272USDで1/10未満になっています。また最大I/Oパフォーマンスモードを選択するためのAmazon efs プロビジョンドスループットに申し込んだ場合には、1MB/秒あたり7.20USDの費用が発生します。

このように基本的には従量制になっているのがefsの特徴です。運用コストを削減するためにはできるだけ不要な使用を避けるような仕組み作りをする必要があるでしょう。その上で監視が重要になり、無駄な使用を検出して指摘する体制を整えることが欠かせません。

efsの監視における三つの選択肢

efsの監視ではawsが提供するCloudWatchを使用する方法が一般的になっていますが、他にも選択肢が二つあるので比較検討するのが大切です。CloudWatchを使う場合には自社のエンジニアに監視を任せることになるでしょう。

その際に使用するツールをCloudWatchに限定せずに他のツールを使うのが二つ目の選択肢です。三つ目の選択肢は自社のエンジニアに任せずに外部委託をしてしまう方法です。この場合にもCloudWatchを使うことがありますが、大半の業者では社内で利用しているサーバー監視ツールを使用するのが一般的になっています。

自社のリソースを使わずに監視できるメリットがあるので検討してみると良い選択肢でしょう。

CloudWatchでできること

CloudWatchによる監視が一般的になっているのはモニタリングツールとしてかなり完成されたものが利用可能だからです。自動で単一のメトリクスを監視してアラームを出せるようにする機能や、ログをモニタリングできる機能など、最低限のモニタリングは自動化することができます。

アラーム対象外になっている計測サイズやマウントターゲットの数なども手動でモニタリングすることができるようになっていて、常時監視体制を整えることができれば状況把握は比較的容易です。安心してファイルストレージシステムを運用するという目的では必要最低限の機能が揃っています。

他の二つの方法を選ぶメリット

他のツールを使用したり外部委託をして対応したりする方法には実は大きなメリットがあります。awsのサービスとしてはできるだけ大きな課金をしてもらいたいと考えるのはもっともなことでしょう。その影響でCloudWatchによる監視ではリソースの使用量を抑えるための仕組みができていません。

監視を通して無駄にリソースを使用しているところを特定してアラームを出し、必要以上に費用をかけないようにするのは監視の重要な役割です。この点を重視した監視を行っていくためにはCloudWatchによる監視にこだわらずに他の二つを選ぶのにメリットがあります。

efsの運用方法をよく考えて導入しよう

efsはAmazonが提供するファイルストレージサービスで、awsのユーザーの多くが導入しています。試用したリソースに比例する形の料金体系になっているため、監視をして無駄をなくすことが費用削減に直結します。

運用の際には監視をして無駄を省くことが重要ですが、CloudWatchではその観点での監視に適していないことから他の方法も検討するのが大切です。

参考情報…CloudCREW|aws保守https://managed.gmocloud.com/managed/